コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルミナ・ブラナ Carmina Burana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルミナ・ブラナ
Carmina Burana

(1) 12~13世紀頃,若い聖職者によって書かれたラテン語の世俗詩集。 1803年,ミュンヘン南方のベネディクトボイエルンの修道院で発見された。部分的にネウマで旋律が記され,内容は道徳的,風刺的なもの,恋愛歌,酒の歌,クリスマスや復活祭を主題とする劇詩など。 (2) C.オルフ作曲の3部作の劇的カンタータ (1935~36作曲) の第1部。テキストとして (1) の詩集の一部を利用した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カルミナ・ブラナの関連キーワードド・ラバラード