カルミナ・ブラナ(英語表記)Carmina Burana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルミナ・ブラナ
Carmina Burana

(1) 12~13世紀頃,若い聖職者によって書かれたラテン語の世俗詩集。 1803年,ミュンヘン南方のベネディクトボイエルンの修道院で発見された。部分的にネウマで旋律が記され,内容は道徳的,風刺的なもの,恋愛歌,酒の歌,クリスマスや復活祭を主題とする劇詩など。 (2) C.オルフ作曲の3部作の劇的カンタータ (1935~36作曲) の第1部。テキストとして (1) の詩集の一部を利用した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android