詩集(読み)シシュウ

デジタル大辞泉「詩集」の解説

ししゅう【詩集】[書名]

《原題、〈ドイツ〉Gedichte》ドイツの叙情詩人メーリケの詩集。1838年刊。
田村隆一の詩集。昭和51年(1976)刊。副題は「1946~1976」。翌年、第5回無限賞受賞。
《原題、〈ラテン〉Elegiae》紀元前1世紀ごろのローマの詩人、プロペルティウスによるラテン語の詩集。全4巻。第1巻の発表は紀元前28年ごろ、第4巻の発表は紀元前16年ごろとみられている。キュンティアという女性への恋情をうたった作品が特に有名。

し‐しゅう〔‐シフ〕【詩集】

を集めた書物
[補説]書名別項。→詩集

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「詩集」の解説

し‐しゅう ‥シフ【詩集】

〘名〙 詩を集めてのせた書物。
※異制庭訓往来(14C中)「所仰詩集者、杜子美、李太白〈略〉元微之等集進候」
※星(1896)〈国木田独歩〉「枕辺近く取り乱しあるは国々の詩集(シシフ)なり」 〔隋書‐経籍志・四〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android