詩集(読み)シシュウ

デジタル大辞泉の解説

し‐しゅう〔‐シフ〕【詩集】

を集めた書物
[補説]書名別項。→詩集

ししゅう【詩集】[書名]

《原題、〈ドイツ〉Gedichte》ドイツの叙情詩人メーリケの詩集。1838年刊。
田村隆一の詩集。昭和51年(1976)刊。副題は「1946~1976」。翌年、第5回無限賞受賞。
《原題、〈ラテン〉Elegiae》紀元前1世紀ごろのローマの詩人、プロペルティウスによるラテン語の詩集。全4巻。第1巻の発表は紀元前28年ごろ、第4巻の発表は紀元前16年ごろとみられている。キュンティアという女性への恋情をうたった作品が特に有名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

し‐しゅう ‥シフ【詩集】

〘名〙 詩を集めてのせた書物。
※異制庭訓往来(14C中)「所仰詩集者、杜子美、李太白〈略〉元微之等集進候」
※星(1896)〈国木田独歩〉「枕辺近く取り乱しあるは国々の詩集(シシフ)なり」 〔隋書‐経籍志・四〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

詩集の関連情報