コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

詩集 シシュウ

デジタル大辞泉の解説

し‐しゅう〔‐シフ〕【詩集】

を集めた書物
[補説]書名別項。→詩集

ししゅう【詩集】[書名]

《原題、〈ドイツ〉Gedichte》ドイツの叙情詩人メーリケの詩集。1838年刊。
田村隆一の詩集。昭和51年(1976)刊。副題は「1946~1976」。翌年、第5回無限賞受賞。
《原題、〈ラテン〉Elegiae》紀元前1世紀ごろのローマの詩人、プロペルティウスによるラテン語の詩集。全4巻。第1巻の発表は紀元前28年ごろ、第4巻の発表は紀元前16年ごろとみられている。キュンティアという女性への恋情をうたった作品が特に有名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ししゅう【詩集】

詩を集めた書物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

詩集の関連キーワード私の前にある鍋とお釜と燃える火と白鳥省吾(しろとりせいご)ブエノスアイレスの熱狂うたのてんらんかいフライリヒラートルコントドリールラマルティーヌ二重国籍者の詩社会主義詩集カルドゥッチサンドバーグN. パーラかなたの空児玉 花外火の娘たち倉橋 弥一アイティアハウスマンハーフィズ児玉花外

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

詩集の関連情報