コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルルシュテイン城 カルルシュテインジョウ

デジタル大辞泉の解説

カルルシュテイン‐じょう〔‐ジヤウ〕【カルルシュテイン城】

Hrad Karlštejn》チェコの首都プラハ郊外にあるゴシック様式の城。プラハの南西約30キロメートル、ベロウンカ川を見下ろす高台に位置する。ボヘミア王カレル1世(神聖ローマ皇帝カール4世)により14世紀に建造。王族の財宝の保管庫として、また歴代の王の別荘として利用された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

カルルシュテイン城の関連キーワードゴシック様式

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android