歴代(読み)れきだい

精選版 日本国語大辞典「歴代」の解説

れき‐だい【歴代】

〘名〙 (古くは「れきたい」とも) 古くから何も続いていること。また、そのすべての代。それぞれの代。歴世代代歴葉列世
※経国集(827)二〇・下毛野虫麻呂対策文「雖代千古而源仍画一」
※読本・椿説弓張月(1807‐11)拾遺「歴代(レキダイ)の天子御造営ありと」 〔晉書‐衛恒伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「歴代」の解説

【歴代】れきだい

代々孔安国〔尚書の〕夏・の書に至りては、を設くること倫(ひと)しからずと雖も、誥(がこう)奧義、の歸、(き)を一にす。代之れを寶とし、以て大訓と爲せり。

字通「歴」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android