財宝(読み)サイホウ

デジタル大辞泉の解説

さいほう【財宝】

《「ざいほう」とも》狂言和泉(いずみ)流では「才宝」。成人した三人のが、祖父の財宝の所に名を付けてもらいに行き、それぞれ面白い名をもらい、めでたく舞いはやす。

ざい‐ほう【財宝】

財産や宝物。財産となる価値の高い物品。宝物。「金銀財宝

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ざい‐ほう【財宝】

〘名〙 財産と宝物。ふつう、金・銀・珠玉・什器などをさしていう。
※今昔(1120頃か)三「鸚鵡、此を見恠むで人して此の所を深く堀て見ば、多の財宝を埋み置けり」 〔後漢書‐橋玄伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android