財宝(読み)サイホウ

デジタル大辞泉の解説

さいほう【財宝】

《「ざいほう」とも》狂言和泉(いずみ)流では「才宝」。成人した三人の孫が、祖父の財宝の所に名を付けてもらいに行き、それぞれ面白い名をもらい、めでたく舞いはやす

ざい‐ほう【財宝】

財産や宝物財産となる価値の高い物品。宝物。「金銀財宝

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ざい‐ほう【財宝】

〘名〙 財産と宝物。ふつう、金・銀・珠玉・什器などをさしていう。
※今昔(1120頃か)三「鸚鵡、此を見恠むで人して此の所を深く堀て見ば、多の財宝を埋み置けり」 〔後漢書‐橋玄伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

財宝の関連情報