財宝(読み)ざいほう

精選版 日本国語大辞典「財宝」の解説

ざい‐ほう【財宝】

〘名〙 産と宝物。ふつう、金・銀・珠玉・什器などをさしていう。
※今昔(1120頃か)三「鸚鵡、此を見恠むで人して此の所を深く堀て見ば、多の財を埋み置けり」 〔後漢書‐橋伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「財宝」の解説

さいほう【財宝】

《「ざいほう」とも》狂言和泉いずみでは「才宝」。成人した三人のが、祖父の財宝の所に名を付けてもらいに行き、それぞれ面白い名をもらい、めでたく舞いはやす。

ざい‐ほう【財宝】

財産や宝物。財産となる価値の高い物品。宝物。「金銀財宝
[類語]宝物財物財貨家宝至宝秘宝国宝

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「財宝」の解説

【財宝】ざいほう(はう)

財貨。〔後漢書、橋玄伝〕玄の少子十、~()之れを執し、~玄に就きて求む。玄與へず。~玄乃ち闕(けつ)に詣(いた)りて罪を謝す。~そ劫質する(人質をとり、おどす)らば、皆(あは)せて之れをさん。財寶を以て贖(あがな)ひ、姦路を開張するを得ざれと。

字通「財」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android