高台(読み)こうだい

精選版 日本国語大辞典「高台」の解説

こう‐だい カウ‥【高台】

[1] 〘名〙 (古くは「こうたい」とも)
① 高い台。高くつくられた(やぐら)や建物。たかどの。
※参天台五台山記(1072‐73)一「造立高台人形長五寸許」
② 高くて平坦な土地。たかだい。
※性霊集‐一(835頃)秋日観神泉苑「高台神構非人力。池鏡泓澄含日暉
王侯のすわる席。
サントスの御作業(1591)二「コレ ミナ deus ト ヲン ミノ Cordeiro ノcǒtai(カウタイ) ノ ヲン マエ ニ」
茶碗など陶器のにつけられた脚部。作者、時代、産地により特徴がある。
※宗湛日記‐天正一五年(1587)三月二六日「かうたいつき雲形ばかり有」
⑤ 飯や汁などを入れる(わん)。〔物類称呼(1775)〕
[2] 〘代名〙 手紙などで、相手を敬って呼ぶ語。あなた。貴台。

たか‐だい【高台】

〘名〙
① 高くしつらえた台。こうだい。
※歌舞伎・三人吉三廓初買(1860)四幕「身を捨札の高台(タカダイ)へ首を載せにゃあならねえ仕事」
② 周囲よりも高くて、表面がなだらかに続いている土地。だい。高地。こうだい。
※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉九「榊原邸喜連川の邸などの高台(タカダイ)へ之を据ゑ」
③ 取引所で、係員が売買取引の記帳のためすわっている一段高い所。高場。〔取引所用語字彙(1917)〕
※家族会議(1935)〈横光利一〉「まだひき続いて底無しのやうに落ちていくと、高台の木入れが値の定めやうがなく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「高台」の解説

高台
こうだい

焼物の器体を支える台。高台は支脚としての機能があるが、造形の隠された特色を示す箇所として、窯(かま)や作者の決め手となるばかりでなく、表現意欲の豊かな焼物では、高台のつくりにまで作為が及んでいる場合が多い。高台はその形によって輪高台(円形)、蛇の目高台(畳付(たたみつき)が幅広い円形)、片薄高台(内刳(うちぐ)りが片方に寄っていて高台に薄厚が生まれる。三日月形とも)、割(わり)高台(高台の一部に切り込みを入れる)、四方高台(四角形)、糸切(いときり)高台(不整形)などに分かれ、成形法の特色からは、削り出しの高台と、共土(ともつち)をもってつける付(つけ)高台に大別される。

[矢部良明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「高台」の解説

高台
こうだい

茶碗やの底につけられた低い円環状の台部。香台,光台とも書く。発生的には器体の安定を保つためのもの。古墳時代末期の土器粘土輪状にして器底に張付けたものがある。茶の湯で用いる茶碗では高台の形式,作風などが鑑賞上の見どころとされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「高台」の解説

こう‐だい〔カウ‐〕【高台】

[名]
高く組まれた建造物。
高くて見晴らしのよい台地。たかだい。
茶碗・などの底にある基台。
[代]二人称の人代名詞。手紙などで、相手を敬っていう語。貴台。

たか‐だい【高台】

周囲よりも高く、平らになっている土地。だい。
取引所立会場で、指定銘柄の取引を行う係員がいる一段高い所。高場たかば
[類語]台地丘陵高地

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

NFT

《non-fungible token》複製・偽造の不可能な証明書を付与したデジタルデータ。また、その技術。アート作品など、複製でないことに価値があるものに、それが唯一のデータであることを証明する情報...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android