コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高台 こうだい

8件 の用語解説(高台の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高台
こうだい

茶碗や鉢の底につけられた低い円環状の台部。香台,光台とも書く。発生的には器体の安定を保つためのもの。古墳時代末期の土器に粘土を輪状にして器底に張付けたものがある。茶の湯で用いる茶碗では高台の形式,作風などが鑑賞上の見どころとされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こう‐だい〔カウ‐〕【高台】

[名]
高く組まれた建造物。
高くて見晴らしのよい台地。たかだい。
茶碗・皿などの底にある基台。
[代]二人称の人代名詞。手紙などで、相手を敬っていう語。貴台。

たか‐だい【高台】

周囲よりも高く、平らになっている土地。だい。
取引所立会場で、指定銘柄の取引を行う係員がいる一段高い所。高場(たかば)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こうだい【高台】

( 名 )
高い建物。たかどの。
茶碗・鉢・椀などの底にある輪状の基台。
( 代 )
二人称。手紙などで相手を敬っていう語。あなたさま。貴台。

たかだい【高台】

周囲の土地よりも高くて、頂上が平らになっている所。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

食器・調理器具がわかる辞典の解説

こうだい【高台】

茶碗、鉢、皿などのうつわ類の安定のために、底に付ける基台

出典|講談社
食器・調理器具がわかる辞典について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高台
こうだい

焼物の器体を支える台。高台は支脚としての機能があるが、造形の隠された特色を示す箇所として、窯(かま)や作者の決め手となるばかりでなく、表現意欲の豊かな焼物では、高台のつくりにまで作為が及んでいる場合が多い。高台はその形によって輪高台(円形)、蛇の目高台(畳付(たたみつき)が幅広い円形)、片薄高台(内刳(うちぐ)りが片方に寄っていて高台に薄厚が生まれる。三日月形とも)、割(わり)高台(高台の一部に切り込みを入れる)、四方高台(四角形)、糸切(いときり)高台(不整形)などに分かれ、成形法の特色からは、削り出しの高台と、共土(ともつち)をもってつける付(つけ)高台に大別される。[矢部良明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高台の関連情報