コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カワイワタケ Dermatocarpon miniatum (L.) Mann.

世界大百科事典 第2版の解説

カワイワタケ【Dermatocarpon miniatum (L.) Mann.】

山間部の渓流中の水しぶきのかかるような岩上に生える葉状地衣。裏が赤褐色なので,アカウラカワイワタケともいう。地衣体は革質で厚く,単葉で類円形に広がり,中央部の臍状体(さいじようたい)で付着する。表は鮮緑色,乾くと黄褐色となり,平滑で粉芽や裂芽はない。仮根もない。被子器はフラスコ状で地衣体中に埋まり,表からは頂端のみが黒い点状に見える。北半球一帯に広く分布し,日本では北海道から九州までに5種が知られている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

カワイワタケの関連キーワードイワタケ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android