コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

単葉 たんようsimple leaf

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

単葉
たんよう
simple leaf

1枚の連続した葉になっているもの。ヤツデやタンポポのように切れ込みのかなり深いものでも単葉であるが,さらに切れ込みが深いと,複葉との区別が明らかでないことも多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たん‐よう〔‐エフ〕【単葉】

葉全体が1枚の葉身からなる葉。普通の葉。桜などの葉。⇔複葉
飛行機の主翼が1枚であること。⇔複葉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たんよう【単葉】

一枚のみの葉身よりなる葉。最も普通な葉の形。
飛行機の主翼が一枚でできていること。また、その形式の飛行機。 「 -機」
▽⇔ 複葉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

単葉
たんよう

葉身が一つの葉をいう。葉身が複数の部分に分かれる複葉に対する語。単葉の葉身の形は、線形、針形、楕円(だえん)形、卵形、円形などさまざまである。葉の周縁が大きく切れ込むとき、これを欠刻(けっこく)といい、欠刻をもつ葉はタカオカエデなど多くの種にみられる。また、葉の周縁にある鋸(のこぎり)の歯のようなぎざぎざを鋸歯(きょし)といい、鋸歯をもつ葉はウメなどきわめて多くの種にみられる。葉の周縁に欠刻も鋸歯もない葉を全縁の葉といい、ジンチョウゲなどにみられる。切れ込みの深い葉は、複葉との区別がむずかしく、深裂した複葉状の葉もある(ハマニガナなど)。とくにキク科植物の葉は多様である。シダ植物には複葉をもつものが多いが、ヒトツバ、ノキシノブ、クリハランなどは単葉をもつ種である。[原 襄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

単葉の関連キーワードヤブレガサウラボシ(破れ傘裏星)オオタニワタリ(大谷渡り)ヘラシダ(箆羊歯)ギガントプテリス類マメダワラ(豆俵)ヒカゲノカズラ科ギガントプテリスサジラン(匙蘭)レウカデンドロングロッソプテリスミツデウラボシビロードシダ蜘蛛の巣羊歯スジヒトツバポリスキアスカエデ(楓)コタニワタリビロード羊歯クモノスシダリンドバーグ

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

単葉の関連情報