コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裂芽 レツガ

2件 の用語解説(裂芽の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

れつ‐が【裂芽】

地衣類の無性生殖器官。地衣体の表面にできる小突起で、分離すると発生を始め、新しい地衣体となる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

裂芽
れつが

地衣類の無性生殖のためにつくられる粉状のもので、地衣体の表面にできる。針芽、またはイシジアisidiaともいう。針状、サンゴ状、棍棒(こんぼう)状などの形をしており、内部には数個の単細胞藻類(地衣構成藻)をもち、これを取り巻いて菌糸がある。地衣体の表面から裂芽が落ちると発生を始め、新しい地衣体ができる。地衣類の種類の分類をする際に、裂芽があるか否かは、重要なことである。[佐藤正己]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の裂芽の言及

【地衣類】より

…藻類は地衣体内の水分を利用して光合成を行い,その同化産物は髄層の菌糸から吸収され,共生菌の生活に利用される。
[付属器官と生殖]
 地衣類には粉芽,裂芽(針芽),ロビュール,仮根(偽根),臍状体,盃点,偽盃点,頭状体等の地衣類特有の付属器官が発達する。粉芽,裂芽,ロビュールは地衣体表面に生じる無性生殖器官で,地衣体から容易に分離して新個体を形成する。…

※「裂芽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone