コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粉芽 ふんが soredium

3件 の用語解説(粉芽の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

粉芽
ふんが
soredium

地衣類にみられる無性生殖体の一つ。地衣体の藻類部分 (すなわちゴニジア) の細胞がいくつか集ったものを菌糸が取巻いて皮層の破れ目から裸出したもの。粉をふいたように見えるのでこの名がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふん‐が【粉芽】

地衣類の無性生殖器官。地衣体表面に生じ、菌糸と藻類細胞とがからまりあったもので、粉状をし、風などで飛散する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

粉芽
ふんが

地衣体の表面につくられる微小な粉状のもので、ソレジアsorediaともいう。粉芽は地衣体の内部(髄層)からできたもので、数個の藻類細胞の周りを菌糸が取り囲んでいる。風や雨で粉芽は飛散し、他所に付着して新しい地衣体をつくる。[佐藤正己]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の粉芽の言及

【地衣類】より

…藻類は地衣体内の水分を利用して光合成を行い,その同化産物は髄層の菌糸から吸収され,共生菌の生活に利用される。
[付属器官と生殖]
 地衣類には粉芽,裂芽(針芽),ロビュール,仮根(偽根),臍状体,盃点,偽盃点,頭状体等の地衣類特有の付属器官が発達する。粉芽,裂芽,ロビュールは地衣体表面に生じる無性生殖器官で,地衣体から容易に分離して新個体を形成する。…

※「粉芽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

粉芽の関連キーワード地衣類無性生殖リトマスゴケ地衣地衣植物地衣帯地図苔裂芽フランネルゴケ地衣体

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone