コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カワサキ Ninja ZX-12R

1件 の用語解説(カワサキ Ninja ZX-12Rの意味・用語解説を検索)

日本の自動車技術240選の解説

カワサキ Ninja ZX-12R

”世界最速”をコンセプトに全世界向けに開発されたカワサキスーパースポーツのフラッグシップモデル。アルミモノコックフレームの採用により車体幅を詰め、極限の空力特性を追求し一般道からサーキットまで幅広く扱えるモデルとして開発された。保管場所川崎重工業(株)  汎用機カンパニー 営業本部(〒673-8666 明石市川崎町1-1)
製作(製造)年2000
製作者(社)川崎重工業株式会社
資料の種類量産品
現状展示(静態)・非公開
車名カワサキ Ninja ZX-12R
型式ZXT20A
会社名川崎重工業株式会社
車種・用途自動二輪車
実車所在/模型川崎重工業株式会社
製作開始年2000
スタイルオートバイ(スーパースポーツ)
乗員2名
車両重量243kg
前軸重125kg
後軸重118kg
全長2,080mm
全幅725mm
全高1,185mm
前照灯シールドビーム 12V 65/55W ハロゲン
タイヤサイズ(前)120/70 ZR17 M/C 58W
タイヤサイズ(後)200/50 ZR17 M/C 75W
フレームプレスバックボーン
懸架方式(前)テレスコピック式(倒立)
懸架方式(後)ユニトラックスイングアーム式
軸距1,440mm
車高調整なし
ステアリングセパレートハンドル
ブレーキ(前)油圧デュアルディスク
ブレーキ(後)油圧シングルディスク
ダンパー(前)オイルダンパー、コイルスプリング、φ43
ダンパー(後)ガス封入式、オイルダンパー、コイルスプリング
走行安定装置なし
種類水冷4サイクル、4バルブ
気筒配列並列4気筒
弁機構DOHC
気化器フューエルインジェクション(φ46×4)
内径x行程83×55.4
排気量1,199cm3
点火系TCBI
最高出力/回転数131kW/10,500rpm
最大トルク/回転数134N・m/7,500rpm
排気浄化触媒
過給機なし
潤滑方式ウエットサンプ
始動方式セル式
燃料タンク容量20L
変速機6段リターン
動力伝達方式チェーン
クラッチ形式湿式多板

出典|社団法人自動車技術会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カワサキ Ninja ZX-12Rの関連キーワードコア・コンセプト製品コンセプト・テストコンセプト・テストコンセプトショップコンセプトコンセプトアドコンセプトカー全世界コンセプタープロダクトコンセプト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone