コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空力特性 くうりきとくせいaerodynamics characteristics

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

空力特性
くうりきとくせい
aerodynamics characteristics

自動車,列車,航空機などの空気中で動く物体に対して気流が作用する力。流体力学に基づき,空気抵抗(→抵抗),揚力,横風安定性(→横力)などが数値で表される。空気抵抗係数(CD値)が小さいほど空気抵抗が少なく,燃費も向上する。近年の乗用車には CD値が 0.3以下のものがある。揚力は揚力係数(CL値),横風安定性はヨーイングモーメント係数(CYM値)で表され,CL値が小さいほど高速安定性が増し,CYM値が大きいと横風に弱く高速で不安定な車両ということになる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

くうりき‐とくせい【空力特性】

自動車の車体や飛行機の機体などの空気力学的な特性。走行中の自動車や飛行中の飛行機が空気の流れから受けるさまざまな影響を指す。前後、左右、上下(揚力)にかかる力に加え、ヨーイングロールピッチングなどのモーメントがある。また、風切り音や機体表面の整流作用、横風に対する安定性などを含める場合もある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

空力特性の関連キーワードカワサキ Ninja ZX三菱エアロバス MS725レクサス LS400ツポレフTu翼(よく 航空機)ハイブリッド風洞極超音速飛行実験ホンダジェットレーシングカーウィングレット磁気浮上式鉄道オージー翼バフェット先尾翼機