コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カワラスズ かわらすず

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カワラスズ
かわらすず / 川原鈴
[学]Pteronemobius furumagiensis

昆虫綱直翅(ちょくし)目コオロギ科に属する昆虫。川原などにすむ小形のコオロギで、近縁のマダラスズによく似ている。体長8~9ミリメートル。体色は黒と白のまだらで、前肢(ぜんし)、中肢の腿節(たいせつ)の端部は黄白色となっている。雌の前翅の付け根も白い。成虫は8~11月に現れ、年一化性。雄は夕方からリー、リーという明るい声で、せわしなく繰り返しながら鳴く。本州および九州に分布する。[山崎柄根]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカワラスズの言及

【マダラスズ】より

…年1~3回発生する。近似種に河原にすむカワラスズがあるが,前翅の根もとが白いことで区別される。【山崎 柄根】。…

※「カワラスズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カワラスズの関連キーワードコオロギ鶺鴒

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android