コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンダギリ かんだぎり

デジタル大辞泉の解説

カンダギリ(Khandagiri)

インド中東部、オリッサ州の都市ブバネシュワルの郊外にあるジャイナ教の石窟寺院群。市街中心部の西約7キロメートルの丘の上に位置する。東方のウダヤギリという丘の石窟群に相対する。紀元前2世紀から築かれた15の石窟のほか、丘の頂上部に19世紀初頭再建の石造寺院がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のカンダギリの言及

【カンダギリ・ウダヤギリ】より

…東インド,オリッサ州ブバネーシュワルの南西約6kmの相接する二つの丘カンダギリ(南西,15の石窟と19世紀初期再建の石積寺院)とウダヤギリ(北東,18の石窟と頂上に後円の石積寺院址)にあるジャイナ教遺跡。ウダヤギリ第14窟にあるカーラベーラ王の刻文は前1世紀末期と考えるのが有力で,おもな石窟はそれから2世紀ころまでに掘られた。…

※「カンダギリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カンダギリの関連キーワードカンダギリ・ウダヤギリジャイナ教美術ウダヤギリ石窟

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android