コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンティレバーチェア cantilever chair

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

カンティレバーチェア【cantilever chair】

4本脚ではなく、片側(座面の前方であることが多い)だけで座面を支える、片持ち式の椅子(いす)。バウハウスの講師も務めたオランダの建築家マルト・スタムが、1926年に発表したスチールパイプ椅子が代表例。◇「カンティレバー」とは「片持ち梁(はり)(一端だけが固定された梁)」という意。

出典|講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について | 情報

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android