コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンプトン岩 カンプトンがん camptonite

1件 の用語解説(カンプトン岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

カンプトン岩

優黒質中粒の褐色の角閃石を含む閃緑岩質ランプロファイアで,斑晶にはバーケヴィ閃石,黒雲母,オージャイト,石基は拍子木状のラブラドライト,角閃石,オージャイトからなっている.チタンオージャイトが存在する.角閃石が多く,少量のアナルサイトがある[Rosenbusch : 1887].この岩石は斑状塩基性閃緑岩(porphyritic basic diorite)とされていたが,後にローゼンブッシュによってカンプトン岩と命名された[Hawes : 1878, Rosenbusch : 887].米国,ニューハンプシャーのカムプトン滝(Campton falls)に因む.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カンプトン岩の関連キーワード石英閃緑岩エステレル岩サイエナイドメナ岩アッピン岩アプロ閃緑岩イッス岩角閃石斑糲岩ダイオロイドボグサイト

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone