カンプトン岩(読み)カンプトンがん(英語表記)camptonite

岩石学辞典の解説

カンプトン岩

優黒質中粒の褐色の角閃石を含む閃緑岩質ランプロファイアで,斑晶にはバーケヴィ閃石,黒雲母,オージャイト,石基は拍子木状のラブラドライト,角閃石,オージャイトからなっている.チタンオージャイトが存在する.角閃石が多く,少量のアナルサイトがある[Rosenbusch : 1887].この岩石は斑状塩基性閃緑岩(porphyritic basic diorite)とされていたが,後にローゼンブッシュによってカンプトン岩と命名された[Hawes : 1878, Rosenbusch : 887].米国,ニューハンプシャーのカムプトン滝(Campton falls)に因む.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android