コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンプトン岩 カンプトンがんcamptonite

岩石学辞典の解説

カンプトン岩

優黒質中粒の褐色の角閃石を含む閃緑岩質ランプロファイアで,斑晶にはバーケヴィ閃石,黒雲母,オージャイト,石基は拍子木状のラブラドライト,角閃石,オージャイトからなっている.チタンオージャイトが存在する.角閃石が多く,少量のアナルサイトがある[Rosenbusch : 1887].この岩石は斑状塩基性閃緑岩(porphyritic basic diorite)とされていたが,後にローゼンブッシュによってカンプトン岩と命名された[Hawes : 1878, Rosenbusch : 887].米国,ニューハンプシャーのカムプトン滝(Campton falls)に因む.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

カンプトン岩の関連キーワードダムクィエルン岩トプセイル岩ファリス岩タマレ岩補岩

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android