コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンボジア文学 カンボジアぶんがく

1件 の用語解説(カンボジア文学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンボジア文学
カンボジアぶんがく

カンボジアは,バラモン教部派仏教 (南部) ,大乗仏教 (北部) が共存した国である。そのため,扶南王朝 (1~6世紀) から 20世紀にいたる長く複雑な歴史的経過を通じて,カンボジアには独自の文学は存在しなかった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カンボジア文学の関連キーワードカンボジアカンボジア語部派仏教民主カンボジア国連カンボジア暫定統治機構婆羅門SNCモンクメール語族正統バラモン教パラメシュバラ(カンボジア)

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone