コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カール[14世] Karl XIV Johan

1件 の用語解説(カール[14世]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カール[14世]【Karl XIV Johan】

1763‐1844
スウェーデンノルウェー王。在位1818‐44年。現ベルナドット王家の開祖。南フランスのポー出身。17歳で下士官となり,武功が多く昇進も早く,ナポレオンの親族デジレと結婚,1804年に元帥,06年イタリアのポンテコルボ公となり,皇帝の右腕として各地遠征を行った。10年にスウェーデン国会で,ロシアからのフィンランド奪回を託されて王位継承者に選ばれ,フランス名ベルナドットJean‐Baptiste Bernadotteをカールヨハンと改名した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のカール[14世]の言及

【スウェーデン】より

…その後の王は財政再建を試みて諸改革を行ったが,貴族との対立を深めた。1697年,カール12世(在位1697‐1718)が17歳で親政を開始したが,国際的緊張が高まる中で,ロシア,ポーランド,デンマークはスウェーデンの拡大を封じるため同盟を結んだ。これに対抗して王はオランダ,イギリスと同盟して,1700年にデンマークを攻撃して屈服させ,続いてロシアに進攻し,ピョートル大帝軍をナルバで破った(北方戦争開幕)が,09年のポルタバPoltava(現,ソ連邦ウクライナ)の戦で大敗を喫した。…

※「カール[14世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カール[14世]の関連キーワードスウェーデン語スウェーデン体操スウェーデンボリスウェーデンリレーノルウェー語スウェーデン刺繍スウェーデン門クローネ(Krone)ノルウェー・クローネスウェーデン半血種 (Swedish Halfbred)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone