カール[14世](英語表記)Karl XIV Johan

世界大百科事典 第2版の解説

カール[14世]【Karl XIV Johan】

1763‐1844
スウェーデン,ノルウェー王。在位1818‐44年。現ベルナドット王家の開祖。南フランスのポー出身。17歳で下士官となり,武功が多く昇進も早く,ナポレオンの親族デジレと結婚,1804年に元帥,06年イタリアのポンテコルボ公となり,皇帝右腕として各地遠征を行った。10年にスウェーデン国会で,ロシアからのフィンランド奪回を託されて王位継承者に選ばれ,フランス名ベルナドットJean‐Baptiste Bernadotteをカールヨハンと改名した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のカール[14世]の言及

【スウェーデン】より

…その後の王は財政再建を試みて諸改革を行ったが,貴族との対立を深めた。1697年,カール12世(在位1697‐1718)が17歳で親政を開始したが,国際的緊張が高まる中で,ロシア,ポーランド,デンマークはスウェーデンの拡大を封じるため同盟を結んだ。これに対抗して王はオランダ,イギリスと同盟して,1700年にデンマークを攻撃して屈服させ,続いてロシアに進攻し,ピョートル大帝軍をナルバで破った(北方戦争開幕)が,09年のポルタバPoltava(現,ソ連邦ウクライナ)の戦で大敗を喫した。…

※「カール[14世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android