コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

思慮 シリョ

デジタル大辞泉の解説

し‐りょ【思慮】

[名](スル)注意深く心を働かせて考えること。また、その考え。おもんぱかり。「思慮が浅い」「思慮に欠ける言動」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しりょ【思慮】

( 名 ) スル
いろいろと慎重に考えること。おもんぱかり。 「 -に欠けた行動」 「常に郷里の事を-する暇いとまなかりしが/花間鶯 鉄腸」 → 考慮(補説欄)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

思慮の関連キーワードnice middle泣く子も目を開け金に目がくらむ思うところ無しレミンカイネンプルーデンス大人気無い浅瀬に仇波目が無い心地無し後先無し心の至り思慮分別崖端歩き考え無し考え深い牛の一散小人の勇子故の闇匹夫の勇

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

思慮の関連情報