思慮(読み)シリョ

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)注意深く心を働かせて考えること。また、その考え。おもんぱかり。「思慮が浅い」「思慮に欠ける言動」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スル
いろいろと慎重に考えること。おもんぱかり。 -に欠けた行動 常に郷里の事を-する暇いとまなかりしが/花間鶯 鉄腸考慮補説欄

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 十分に考え思うこと。注意をはらって考え判断すること。おもんぱかり。考え。思考。
※経国集(827)一四・奉和漁歌〈滋野貞主〉「無思慮時明、不罷長歌入暁声」
※徒然草(1331頃)一〇八「光陰何の為に惜しむとならば、内に思慮なく、外に世事なくして、止まん人は止み、修せん人は修せよとなり」 〔礼記‐祭義〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ブルーインパルス

航空自衛隊に所属し華麗なアクロバット飛行(展示飛行)を披露する専門チーム。現在のチームは3代目となり、正式名称は宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。チーム名の「青い衝撃」の意にちなん...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

思慮の関連情報