コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カールヨハンス通り カールヨハンスどおり

1件 の用語解説(カールヨハンス通りの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

カールヨハンスどおり【カールヨハンス通り】

ノルウェーの首都オスロ(Oslo)、市街東部のオスロ中央駅とノルウェー王宮(Det Kongelige Slott)を結ぶ約1.3kmのメインストリート。オスロ中央駅から、しばらくは両脇が商店街の道幅が狭い通りだが、途中から広い通りに変わり、オスロ大聖堂から国会議事堂(Stortinget)までは歩行者天国になっていて、デパートレストラン軒を並べる一角になっている。また、この通り沿いには、王宮や国会議事堂、オスロ大聖堂のほか、国立美術館国立劇場などがある。◇この通りの名称は、ノルウェー王宮を建設し、ノルウェー王を兼任したスウェーデン王のカールヨハン14世(1763~1844年)にちなむものである。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カールヨハンス通りの関連キーワードオスロノルウェーオスロ合意諾威アーケシュフース城オスロ大聖堂カールヨハン通りヤイロノルウェー室内管弦楽団ノルウェー放送管弦楽団

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone