コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カールヨハンス通り カールヨハンスどおり

世界の観光地名がわかる事典の解説

カールヨハンスどおり【カールヨハンス通り】

ノルウェーの首都オスロ(Oslo)、市街東部のオスロ中央駅とノルウェー王宮(Det Kongelige Slott)を結ぶ約1.3kmのメインストリート。オスロ中央駅から、しばらくは両脇が商店街の道幅が狭い通りだが、途中から広い通りに変わり、オスロ大聖堂から国会議事堂(Stortinget)までは歩行者天国になっていて、デパートやレストランが軒を並べる一角になっている。また、この通り沿いには、王宮や国会議事堂、オスロ大聖堂のほか、国立美術館、国立劇場などがある。◇この通りの名称は、ノルウェー王宮を建設し、ノルウェー王を兼任したスウェーデン王のカール・ヨハン14世(1763~1844年)にちなむものである。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

カールヨハンス通りの関連キーワードクラスター爆弾禁止条約クラスター爆弾規制条約クラスター爆弾禁止条約制定運動クラスター爆弾規制条約制定運動オスロ国際平和研究所オスロ大聖堂PRIOエセックサイトひん岩エセックサイト-メラファイアノルウェー

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android