コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国立劇場 こくりつげきじょうnational theatre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国立劇場
こくりつげきじょう
national theatre

演劇の育成や興隆のため,国の経済援助によって設立され,経費の一部または全部が国家の予算的措置によって運営される劇場ヨーロッパ諸国の多くは,ロンドンのナショナル・シアター,パリのコメディー・フランセーズウィーンブルク劇場のように,専属の劇団をもっている。かつてのソ連,および東ヨーロッパ諸国では,機構としてはすべての劇場が国立劇場であり,それぞれの国における演劇活動の中心となっていた。日本では 1966年,東京都千代田区三宅坂に開場。 1700人の収容能力をもつ大劇場と,600人余の小劇場のほかに国立演芸場 (1979) ,渋谷区千駄ケ谷に国立能楽堂 (83) ,大阪日本橋に国立文楽劇場 (84) なども開設。後継者養成のための施設なども備え,古典芸能の保護育成に努めている。さらに現代の演劇や舞踊,オペラのための新国立劇場が 97年渋谷区本町に完成。約 1800席の大劇場と 1000席程度の中劇場,約 400席の小劇場から成る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こくりつ‐げきじょう〔‐ゲキヂヤウ〕【国立劇場】

国が財政的な援助を与えて設立し、その国の演劇文化の保存・継承・振興のために運営する劇場。コメディー‐フランセーズスカラ座など。
東京都千代田区にある劇場。日本の伝統芸能の公開のほか、調査研究・資料収集・後継者養成などを目的に、国立劇場法によって昭和41年(1966)設立。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

国立劇場【こくりつげきじょう】

演劇芸能文化の振興を図るために,国家の経営の下に設立された劇場,またはそのための演劇組織。フランスのコメディ・フランセーズなど欧州各国の著名大劇場の多くは国立劇場である。
→関連項目五十嵐喜芳

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

国立劇場

東京都千代田区にある劇場。1966年開館。おもに歌舞伎公演が行われる大劇場(座席数約1600席)、文楽邦楽邦舞雅楽などの公演が行われる小劇場(座席数約590席)、落語講談などが行われる演芸場(1979年開館、座席数約300席)がある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こくりつげきじょう【国立劇場】

国家の文化政策,そしてそれに基づいての国家財政あるいは財政的援助によって,創設・管理・運営される劇場を中心にした演劇組織。多くの場合に,上演場所としての劇場と上演集団たる劇団そのほかが,一体のものとしてともに組織され,運営される。したがって,その劇団と劇場の両方が,総称としての同じ一つの名前(西欧のものが日本語に訳された場合には〈○○劇場〉などの名称)で呼ばれることが多い。
【ヨーロッパ】
 西欧における国立劇場の歴史は古く,その多くはいわゆる〈宮廷劇場〉の系譜に連なり,また重なるものとしてあるが,国家が経済・芸術上の管理・運営の責任者パトロンとなった屋内ホールの国立劇場の嚆矢(こうし)は,1680年パリに誕生した〈コメディ・フランセーズ〉である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こくりつげきじょう【国立劇場】

国がその国の演劇文化の維持と向上のために設立した劇場。フランスのコメディ-フランセーズ、イタリアのスカラ座、ロシア連邦のボリショイ劇場など。
国立劇場法に基づいて設立された特殊法人。日本の古典芸能の公開・調査研究、後継者の養成を目的として、1966年(昭和41)設立。90年(平成2)日本芸術文化振興会と改称し、2003年に独立行政法人化した。
東京都千代田区隼町にある劇場。大劇場・小劇場等を有しており、歌舞伎・文楽・民俗芸能などを上演している。1966年(昭和41)に国が設立。日本芸術文化振興会の一施設。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国立劇場
こくりつげきじょう

国家が財政的な援助を与えて設立し、その国の舞台芸術の保存・継承・振興のために運営する劇場。日本では1966年(昭和41)設立開場されたのに始まり、日本の伝統的な古典芸能の公開の場として、後述の各種の施設が整えられている。これの管理運営は、国立劇場法による特殊法人国立劇場が行ってきたが、1990年(平成2)の法改正により、名称が特殊法人日本芸術文化振興会に変更された(2003年特殊法人から独立行政法人となる)。[田中英機]

日本の国立劇場

その設立運動は1873、1874年(明治6、7)ごろに始まる。当時の欧化主義のもと、守田座の座元12世守田勘弥(かんや)が、海外視察から帰朝した大久保利通(としみち)、末松謙澄(けんちょう)らにヨーロッパ諸国の宮廷劇場の実情を聞き、大いに刺激されてその計画をたてたのに始まる。1886年、末松らの結成した演劇改良会は、時の宰相伊藤博文(ひろぶみ)の支持を得てその建築計画に着手、また1906年(明治39)ふたたび伊藤博文を中心に政財界人を集めて国立劇場設立発起人会が開かれるなどしたが、いずれも中絶した。大正期には1921年(大正10)新劇俳優笹本甲午(ささもとこうご)によって「営利を目的としない国立劇場の建設」が提唱され、鳩山(はとやま)一郎らが支援したが、これも立ち消えとなった。1936年(昭和11)中村吉蔵(きちぞう)を会長とする国立劇場設置案委員会が、5世中村歌右衛門(うたえもん)、池田大伍(だいご)、岡本綺堂(きどう)、河竹繁俊(しげとし)らを中心に建議案をまとめ、国会にまで提出されたが、翌年、日中戦争の勃発(ぼっぱつ)により中絶した。第二次世界大戦後の1947年(昭和22)、総理大臣片山哲は官邸で国立劇場設置の懇談会を開き、片山内閣の委嘱によって、河竹繁俊、土方与志(ひじかたよし)、藤原義江(よしえ)らによる演劇文化委員会が設けられたが、これも実らなかった。しかし1955年、文化財保護委員会(現文化庁)は、無形文化財としての古典芸能の保存振興施策の課題として国立劇場設立を企図し、翌年国立劇場設立準備協議会(会長・小宮豊隆(とよたか))が発足し、ようやくその端緒が開かれた。当初計画ではオペラ劇場や能楽堂をも含む構想であったが、三宅坂(みやけざか)パレスハイツ跡の敷地の関係から、「主としてわが国古来の伝統的な芸能の公開、伝承者の養成、調査研究等を行い、その保存及び振興を図り、もって文化の向上に寄与する」(国立劇場法第1条)ことを目的とし、1966年秋、つまり国立劇場設立運動がおこってからほぼ1世紀後、その実現をみたのである。[田中英機]
国立劇場
東京都千代田区隼(はやぶさ)町。建築設計・岩本博行ら13名(竹中工務店)。1966年(昭和41)11月開場。わが国伝統芸能の公開、伝承者養成、調査研究を三本柱に各種の事業を行う。その施設として、大劇場(1746席)、小劇場(630席)、および調査研究のための図書室・資料室など、さらに養成事業のための研修室などがある。公開事業では、自主公演として歌舞伎(かぶき)・文楽(ぶんらく)・雅楽・邦楽・邦舞・民俗芸能などを定期的に上演。また貸劇場によって民間の利用・活用に供している。調査事業では上演芸能資料集や歌舞伎年表の作成、芸能資料の収集・展示を行い、養成事業では歌舞伎・文楽・能楽の技芸者の養成から、竹本(たけもと)・歌舞伎囃子(ばやし)・寄席(よせ)囃子などの研修を実施。[田中英機]
国立演芸資料館
国立劇場敷地内に併設。1979年11月開館。国立演芸場(300席)を中心に、落語・講談など大衆演芸の公開、調査研究、資料展示などを行う。[田中英機]
国立能楽堂
東京都渋谷区千駄ヶ谷(せんだがや)。建築設計・大江宏。1983年9月開場。能舞台(591席)と、研修室、資料室を整備し、能・狂言の定期的な自主公演とともに、能楽三役(ワキ、囃子、狂言)の伝承者養成事業を行う。[田中英機]
国立文楽劇場
大阪市中央区高津(こうづ)町。建築設計・黒川紀章。1984年3月開場。753席。文楽専用を旨としながら、仮設花道なども用意し、歌舞伎や邦舞・邦楽など広く伝統芸能一般の上演にもふさわしい劇場となっており、上方(かみがた)の芸能振興の一拠点として機能させようとしている。
 また一方、オペラ、バレエ、演劇など現代舞台芸術のための国立劇場設立も長年の懸案であったが、1972年12月に発足した第二国立劇場設立準備協議会によって基本的な構想が策定されるとともに、敷地も東京都渋谷区本町に決まり、1985年度文化庁予算には設計競技が実施されるなど、早期開場を目ざして準備が進められ、1997年10月「新国立劇場」として開場した。同年、千葉県銚子(ちょうし)市に舞台美術センター資料館が、2003年には国立劇場本館敷地内に伝統芸術情報館が開館した。2004年1月、沖縄県浦添(うらそえ)市に国立劇場おきなわ(大ホール、小ホール)が開場した。[田中英機]

海外の国立劇場

ヨーロッパでは古くから各国王家の庇護(ひご)の下に発展した宮廷劇場があり、それが国立劇場に移行した形が多い。今日では、上演に多大の費用を要するオペラ、バレエのために国立(州立・市立なども多い)劇場が設けられる例が多く、ミラノ・スカラ座(イタリア)、ロンドンのロイヤル・オペラハウス(イギリス)、パリ・オペラ座(フランス)、ベルリン国立歌劇場(ドイツ)、ウィーン国立歌劇場、同フォルクスオーパー(オーストリア)、ワシントンのケネディ・センター・オペラ劇場、サンフランシスコ市立歌劇場(アメリカ)、カナダ国立芸術センター・オペラ劇場、そしてモスクワのボリショイ(国立)劇場をはじめとするロシアのオペラ・バレエ劇場などがあげられる。また演劇上演の国立劇場としては、モリエール以来の伝統を誇るパリのコメディ・フランセーズ、ウィーンのブルク劇場、ベルリンのベルリーナ・アンサンブル、ロシアではモスクワ芸術座、同マールイ劇場などが世界的に知られており、これらはいずれも本拠地としての自らの劇場をもつ劇団である点が特色である。[田中英機]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の国立劇場の言及

【歌舞伎】より

…しかし,これ以後も関東大震災,第2次世界大戦などに際して,しばしば危機が叫ばれながら,そのつど不死身のようによみがえって,こんにちまで商業演劇としての中心的地位を譲ってはいない。 66年に国立劇場が設立され,国家の重要文化財としての見地から,歌舞伎を保護育成し,その調査研究を促進し,同時に次代の歌舞伎を担う俳優を養成する体制がととのいつつある。また,松竹株式会社の尽力により,国際文化交流の一環として,歌舞伎はしばしば海外公演の機会を持っている。…

※「国立劇場」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

国立劇場の関連キーワード日本芸術文化振興会・日本藝術文化振興会スーパープレミアムソフトWバニラリッチクラブ・ジ・アトレVISAカードモスクワ芸術座・モスクワ藝術座アントーン ヴィルトガンスクレメンス・H. クラウストゥルグット オザクマンヨーゼフ カイルベルト市川 猿十郎(4代目)コメディーフランセーズ長谷川 貞信(4代目)国立演芸場・国立演藝場ナショナル・シアターフィリップ アルローR. マリンコビッチ杵屋 栄蔵(4代目)新国立劇場バレエ団東京都千代田区隼町千葉県銚子市豊里台鶴沢燕三(6代)

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国立劇場の関連情報