コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一角 イッカク

デジタル大辞泉の解説

いっ‐かく【一角】

一つの角(かく)。「三角形の一角
一つの隅。片隅。一部分。「氷山の一角」「画壇の一角に地歩を固める」
1本のつの。
クジラ目イッカク科の哺乳類。体長3.6~5メートルで、雄では上あごの左の門歯が左ねじりに角状に伸び、長さ2.8メートルに達する。北氷洋に分布。ウニコール。一角獣。
《形が長方形のところから》一分銀(いちぶぎん)の異称。
「われらが―も心入れは同じ事ぞかし」〈浮・永代蔵・一〉

いっ‐かど【一角/一廉】

[副]
相当にすぐれているさま。格段。ひとかど。「―の人間」
まだ未熟な者が一人前のようにふるまうさま。
「己(おのれ)畜生なりと思はずして―人間立てをするこそ」〈艶道通鑑・五〉

ひと‐かど【一角/一廉】

[名]
ひときわすぐれていること。いっかど。「―の人物」
それ相応であること。一人前であること。「―の理屈を並べ立てる」
一つの事柄。一つの方面。
「詳慎精密にこの―を究察し」〈中村訳・西国立志編
[副]相当に。いっぱし。
「君は―悪者がっているが」〈志賀暗夜行路

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いっかく【一角】

一部分。片隅。 「氷山の-」 「銀座の-に店を出す」
一本のつの。 「 -獣」 「 -仙人」
イッカク科の海生哺乳類。背びれはなく、雄は体長約5メートルで、2メートルに達する角状の牙きばを一本、吻端ふんたんに生ずる。北極海に生息。牙は漢方で解毒剤として珍重された。一角獣。ウニコール。
一つの角かく。 「三角形の-」
〔形が長方形であることから〕 一分金の異名。 「 -ばかりとらせて酒などすすめければ/浮世草子・一代男 2

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

一角 (イッカク)

学名:Monodon monoceros
動物。イッカク科の小形の歯クジラ

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

一角の関連キーワード阿蘇瀬ノ本高原茶屋の原キャンプ場ハッブルディープフィールドオラファティの定理ウェルズ・ファーゴウジュンクーロンhome bar防府市観光情報館クロナキルティーリシヤシュリンガナニマウガーデンアンドロメダ座矢崎総業[株]ポケットパークユーティリティin shop東映太秦映画村メリケンパークプレイロットクラレ[株]三田尻大開作

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一角の関連情報