一角(読み)イッカク

  • いっかど
  • ひとかど
  • 一角 (イッカク)
  • 一角/一▽廉

デジタル大辞泉の解説

一つの角(かく)。「三角形の一角
一つの隅。片隅。一部分。「氷山の一角」「画壇の一角に地歩を固める」
1本のつの。
クジラ目イッカク科の哺乳類。体長3.6~5メートルで、雄では上あごの左の門歯が左ねじりに角状に伸び、長さ2.8メートルに達する。北氷洋に分布。ウニコール。一角獣。
《形が長方形のところから》一分銀(いちぶぎん)の異称。
「われらが―も心入れは同じ事ぞかし」〈浮・永代蔵・一〉
[副]
相当にすぐれているさま。格段。ひとかど。「―の人間」
まだ未熟な者が一人前のようにふるまうさま。
(おのれ)畜生なりと思はずして―人間立てをするこそ」〈艶道通鑑・五〉
[名]
ひときわすぐれていること。いっかど。「―の人物」
それ相応であること。一人前であること。「―の理屈を並べ立てる」
一つの事柄。一つの方面。
「詳慎精密にこの―を究察し」〈中村訳・西国立志編
[副]相当に。いっぱし。
「君は―悪者がっているが」〈志賀暗夜行路

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

学名:Monodon monoceros
動物。イッカク科の小形の歯クジラ

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 一つのすみ。かたすみ。また、一部分。
※正法眼蔵(1231‐53)古鏡「雪峰は徳山の一角なり」
※瓦礫の中(1970)〈吉田健一〉八「いつまでも新鮮に記憶の一角に残った」
② 一つのかど。一つの角(かく)
③ 際立ってすぐれた特質。ひとかど。いっかど。
※玉塵抄(1563)一「その時の天子の別立とをしなりたぞ。別に一角(カク)立てた者と云心かぞ」
④ (長方形の形から) 一分金の異名。一分。
※浮世草子・好色一代男(1682)二「くたり盃一つ、焼物一貝とりて一角(カク)(ばかり)とらせて」
⑤ 一本のつの。
※正法眼蔵(1231‐53)袈裟功徳「牛もし一角に触るればその罪おのづから消滅す」
⑥ イッカク科の哺乳類。イルカに類似し、体長約五メートル。雄の上あごにある一対の歯のうち、一個が前方に二メートル以上ものび、角状となる。雌は二歯とも発達不完全。背びれはなく、背面に多くの小さな黒斑がある。北極海に分布。雄の長い歯は、古くは解毒剤として珍重された。一角獣。〔和漢三才図会(1712)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一角の関連情報