コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガウスルジャンドルのアルゴリズム ガウスルジャンドルノアルゴリズム

デジタル大辞泉の解説

ガウスルジャンドル‐の‐アルゴリズム

コンピューターで円周率を計算する際に用いられる反復計算アルゴリズムの一。18世紀後期から19世紀初期にかけてルジャンドルガウスがそれぞれ研究した楕円積分に関する公式を組み合わせたもので、1970年代に米国のユージン=サラミンとオーストラリアのリチャード=ブレントがそれぞれ独自に発見した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ガウスルジャンドルのアルゴリズムの関連キーワードコンピューター

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android