コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楕円積分 だえんせきぶん elliptic integral

3件 の用語解説(楕円積分の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

楕円積分
だえんせきぶん
elliptic integral

xy を変数とする有理関数を R(xy) とし,P(x) を x についての複素係数の3次または4次の多項式とするとき,積分 は一般的に初等関数では表わせない。この形の積分を楕円積分を呼ぶ。楕円の周を計算しようとすると,この種の積分が現れるからである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

楕円積分【だえんせきぶん】

xの3次または4次の多項式f(x)の平方根とxとの有理関数(式1)の積分。一般に初等関数では表せない。次の三つの積分(式2)のどれかに帰着され,それぞれ第1種,第2種,第3種の楕円積分という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

楕円積分
だえんせきぶん

Q(x)をxの三次または四次の式として、またR(x,u)をxuの有理式として、

の形の不定積分で、初等関数(代数関数、指数関数、対数関数、逆三角関数など、微分積分学では基本的であると考えられる関数)で表すことのできないものを楕円積分という。楕円の弧長の計算に際して現れる積分なのでこの名がある。実際、楕円

の弧の長さは、たとえばのBからPまでだと、

となり、k≠0ならば、初等関数で表すことはできない。このような積分は19世紀初めごろから注目された。
 楕円積分は、適当な変数変換により、初等関数と、次の形の不定積分の和となる。これをルジャンドル‐ヤコービの標準形という。ここで
  0<k<1, u=sinθ,
   x=sin
とする。
第1種楕円積分

第2種楕円積分

第3種楕円積分

 第1種の楕円積分の逆関数をヤコービの楕円関数といってsnで表す。すなわち、この積分の値をzとして、x=snzである。snから

を定義する。楕円の周の全長は

となる。この定積分、すなわちE(π/2,k)を第2種完全楕円積分という。同様に、

を第1種完全楕円積分という。楕円積分と同様に、

の形の積分で、Q(x)が五次式、六次式のときを超楕円積分という。これは、アーベル、ヤコービなどによって研究された。すでに述べたように、楕円積分の逆関数を楕円関数という。これは複素平面全体に解析関数として定義を拡張することができて、そのようにしたものは二重周期を有する周期関数であり、有理型関数である。[竹之内脩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の楕円積分の言及

【楕円関数】より

…4点0,2ω1,2ω2,2ω1+2ω2を頂点とする平行四辺形を基本周期平行四辺形という。 歴史的には,楕円関数の研究は,楕円積分に源をもつ。積分,のようにの有理関数の積分のことを楕円積分という(楕円の周長を求める際に現れるのでこの名がついた)。…

【楕円面】より

…楕円面で囲まれた空間の部分を楕円体という。主軸の長さが2a,2b,2cのとき,楕円体の体積は4πabc/3で与えられ,abcならば,楕円面の表面積は楕円積分を用いて次式で与えられる。ここに,二次曲面【中岡 稔】。…

※「楕円積分」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

楕円積分の関連キーワード変数逆三角関数初等関数対数関数代数関数媒介変数有理関数パラメーター偏微分無理関数

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone