コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガウタミープトラ・シャータカルニ ガウタミープトラ・シャータカルニGautamīputra Śatakarṇi

1件 の用語解説(ガウタミープトラ・シャータカルニの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガウタミープトラ・シャータカルニ
Gautamīputra Śatakarṇi

古代インドサータバーハナ朝の王 (在位 100頃~130頃) 。デカン西部でシャカ族を破って,王朝の栄光を再興し,支配体制を整えて,デカン統一支配の基礎を築いた。この時代にデカンのバラモン文化が根づき,また仏教が栄えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のガウタミープトラ・シャータカルニの言及

【クシャトラパ】より

…クシャトラパ勢力のうち,(1)西インドの一部と北西部デカンを支配したクシャハラータ朝と,(2)マールワー・カーティアーワール地方に本拠を置く王朝との二つが有力であった。(1)の王朝は1世紀後半(あるいは2世紀初め)に出たナハパーナNahapānaのもとに強力となり,デカン北部に進出したが,サータバーハナ朝のガウタミープトラ・シャータカルニGautamīputra Śātakarniに滅ぼされた。(2)の王朝は1世紀後半(あるいは2世紀前半)のチャシュタナCaṣṭnaのもとに強力となり,その孫ルドラダーマンRudradāman(130‐150ころ)の時代に最盛期を迎えた。…

【サータバーハナ朝】より

…王都をデカン北西部のプラティシュターナ(現,パイターン)に置いた。2世紀初頭には,ガウタミープトラ・シャータカルニGautamīputra Śātakarṇi王はそれまで支配していたサカ族を討ち,ナルマダー川以北の西部インドを奪回した。その子バーシシュティープトラ王(別名シュリー・プルマービ)は,プトレマイオスのインド地理に言及されているシロ・ポレマイオスと同一人物と考えられる。…

※「ガウタミープトラ・シャータカルニ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone