コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガッラ-プラチディア霊廟 ガッラプラチディアれいびょう

世界の観光地名がわかる事典の解説

ガッラプラチディアれいびょう【ガッラ-プラチディア霊廟】

イタリア北部の都市ラヴェンナ(Ravenna)にある、5世紀初めに建設された廟。大司教マクシミアヌスにより547年に建立されたサン・ヴィターレ教会(現在は国立博物館の付属施設)の中庭にある。レンガ造りの十字架型をしていて、その天井は青を基調としたモザイクで覆われている。このモザイクは、ラヴェンナ最古のモザイクの一つである。この廟に葬られているのは、ローマ帝国が東西に分裂して建国された、西ローマ帝国の初代皇帝ホノリウス(384~423年)の妹で、テオドシウス大帝(テオドシウス1世)の娘ガッラ・プラチディアである。彼女は息子ヴァレンティニアヌス3世の皇帝即位に伴い、後見人として権勢をふるった女性である。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

ガッラ-プラチディア霊廟の関連キーワード大鴉高空の標的レイブン 見えちゃってチョー大変!ポーカジカコーマン

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android