コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガッラ-プラチディア霊廟 ガッラプラチディアれいびょう

1件 の用語解説(ガッラ-プラチディア霊廟の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ガッラプラチディアれいびょう【ガッラ-プラチディア霊廟】

イタリア北部の都市ラヴェンナ(Ravenna)にある、5世紀初めに建設された廟。大司教マクシミアヌスにより547年に建立されたサン・ヴィターレ教会(現在は国立博物館の付属施設)の中庭にある。レンガ造りの十字架型をしていて、その天井は青を基調としたモザイクで覆われている。このモザイクは、ラヴェンナ最古のモザイクの一つである。この廟に葬られているのは、ローマ帝国が東西に分裂して建国された、西ローマ帝国の初代皇帝ホノリウス(384~423年)の妹で、テオドシウス大帝(テオドシウス1世)の娘ガッラ・プラチディアである。彼女は息子ヴァレンティニアヌス3世の皇帝即位に伴い、後見人として権勢をふるった女性である。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガッラ-プラチディア霊廟の関連キーワードビチェンツァベネトチェンマイトレビスラベンタインナー・トラヴェルズラ・ヴェネシアーナレヴェントンロシェ・ア・ラヴェ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone