基調(読み)きちょう

精選版 日本国語大辞典「基調」の解説

き‐ちょう ‥テウ【基調】

〘名〙
① 楽曲の礎となるおもな調子。主調
② 絵画、装飾などで、その中心となっている色。
※浮世絵の曲線(1923)〈寺田寅彦〉「浮世絵人物画の焦点或は基調をなすもの」
③ 作品、思想、行動などの底を流れる基本的な考え方や傾向。
※こゝろ(1914)〈夏目漱石〉三一「学問の交際が基調(キテウ)を構成している二人の親しみに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「基調」の解説

き‐ちょう〔‐テウ〕【基調】

思想・行動・学説・作品などの根底にある基本的な考え・傾向。「国際協調を基調とする外交」
絵画や装飾などで、その中心となっている色。「青を基調とした作品」
主調しゅちょう1
[類語]基本大本おおもと基礎根本こんぽん根幹中心基軸基底根底もとい土台下地初歩いろはABC基盤基幹基部大根

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android