基調(読み)キチョウ

デジタル大辞泉の解説

き‐ちょう〔‐テウ〕【基調】

思想・行動・学説・作品などの根底にある基本的な考え・傾向。「国際協調を基調とする外交」
絵画や装飾などで、その中心となっている色。「青を基調とした作品」
主調(しゅちょう)1

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きちょう【基調】

〘音〙 「主調しゆちよう」に同じ。
作品・行動・思想などの根底を一貫して流れる基本的な考え方。 「作品の-をなすのは作者のヒューマニズムだ」 「 -演説」
絵画・装飾などで、基本として使われている色。 「黒を-とした服装」
〘経〙 大勢としての相場や経済情勢の基本的動向。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐ちょう ‥テウ【基調】

〘名〙
① 楽曲の基礎となるおもな調子。主調
② 絵画、装飾などで、その中心となっている色。
※浮世絵の曲線(1923)〈寺田寅彦〉「浮世絵人物画の焦点或は基調をなすもの」
③ 作品、思想、行動などの底を流れる基本的な考え方や傾向。
※こゝろ(1914)〈夏目漱石〉三一「学問の交際が基調(キテウ)を構成している二人の親しみに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

基調の関連情報