ガラクス

百科事典マイペディアの解説

ガラクス

ゲイラックスとも。北アメリカ東部原産のイワウメ科の常緑多年草。日本では切葉が輸入され花材にされているが,原産地では地被植物として庭植えされたり,ロックガーデンに栽植される。葉は長い柄をもち,径5〜12cmの心臓形で,縁に不揃いの鋸歯がある。初夏に,花茎が高さ30〜50cmにのび,5弁の小さな白花を密な総状花序につける。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android