花材(読み)かざい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

花材
かざい

生け花用語で「花卉材料」の略語。重要な組成材料は植物,なかでも草や木の類。病巣の瘤や劣性変化したもの,藻,海草,苔なども使われる。木物草物葉物蔓物垂物 (たれもの) ,実物 (みもの) ,花物,枯物 (かれもの) などの区別があり,さらに通用物がある。これは木物,草物どちらに扱ってもよい便法。採集には花材の性質によって注意し,また一定時間を保たせるため水揚げが必要。なお花卉以外の非花材もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

かざい【花材】

生け花の材料。木、花、草のほか、植物を枯らした素材や金属を加工したものなどがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

か‐ざい クヮ‥【花材】

〘名〙 いけばなの材料。木、花、草、蔓などの植物のほかに、植物を枯らしたものや加工したもの、金属、合成樹脂など広範囲にわたって用いられている。
※女弟子(1961)〈有吉佐和子〉「私が花器や花材を並べてお稽古の用意をしている間に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

花材の関連情報