鋸歯(読み)キョシ

デジタル大辞泉の解説

きょ‐し【×鋸歯】

のこぎりの歯。
植物の葉の縁にある、ぎざぎざの切れ込み

のこぎり‐ば【×鋸歯】

鋸の。また、の歯のようにぎざぎざになっているもの。きょし。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょし【鋸歯】

のこぎりの歯。
植物の葉や花弁の縁にある鋸の歯のようなぎざぎざの切り込み。

のこぎりば【鋸歯】

鋸の歯。また、鋸の歯のようにぎざぎざの刻みになったもの。きょし。のこば。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鋸歯
きょし

葉の葉身の周縁にあるぎざぎざをいう。歯状、毛状、波状などさまざまな形がある。鋸歯のない葉身は全縁とよばれる。カエデの類の葉身にみられる大きな切れ込みは欠刻とよび、鋸歯とはいわない。[原 襄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鋸歯の関連情報