鋸歯(読み)きょし

精選版 日本国語大辞典「鋸歯」の解説

きょ‐し【鋸歯】

〘名〙
① のこぎりの。また、それに似た鋭い歯や形状。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉三「線とは、鋼銕にて線を鍛成し、是に鋸歯をきり、両輪にて張りて旋転せしめ、板を其線にあてて截るものなり」 〔新論‐傷讒〕
植物の葉のにできるのこぎり状の切れ込み。ケヤキ、ヤマザクラなどの葉にみられる。〔植学訳筌(1874)〕

のこぎり‐ば【鋸歯】

〘名〙
① のこぎりの歯。きょし。のこば。また、それに似てぎざぎざなさま。
※新猿楽記(1061‐65頃)「鋸歯而営於切角也」
刀剣刃文の一つ。のこぎりの歯の形と同様の刃文をいう。また、刀剣を使用して刃がこぼれ、のこぎりのようにぎざぎざになったものをもいう。

のこ‐ば【鋸歯】

〘名〙 「のこぎりば(鋸歯)」の

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「鋸歯」の解説

鋸歯
きょし

葉の葉身の周縁にあるぎざぎざをいう。歯状、毛状、波状などさまざまな形がある。鋸歯のない葉身は全縁とよばれる。カエデの類の葉身にみられる大きな切れ込みは欠刻とよび、鋸歯とはいわない。

[原 襄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「鋸歯」の解説

のこぎり‐ば【×鋸歯】

鋸の歯。また、鋸の歯のようにぎざぎざになっているもの。きょし。

きょ‐し【×鋸歯】

のこぎりの歯。
植物の葉の縁にある、ぎざぎざの切れ込み。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android