ガラスマオの滝(読み)ガラスマオノタキ

デジタル大辞泉の解説

ガラスマオ‐の‐たき【ガラスマオの滝】

Ngardmau Waterfall》パラオ中央部、バベルダオブ島北部のガラスマオ州にある滝。高さ約30メートル、幅約40メートルで同国最大。熱帯雨林に囲まれており水量も多い。同州のシンボルとして知られ、州旗にも描かれる。ガラスマオ滝。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android