バベルダオブ島(読み)バベルダオブとう(英語表記)Babeldaob

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バベルダオブ島
バベルダオブとう
Babeldaob

西太平洋,パラオ西部,パラオ諸島の主島で,カロリン諸島最大の島。別称バベルトゥーアプ Babelthuap。最高点 217m。2006年,東部のマルキョクに首都が設けられた。古い石造遺跡がある。おもに熱帯自給作物を栽培。カカオ栽培が試みられている。島の南端にパラオ国際空港がある。面積 370km2。人口 3594(1990)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android