コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カーバー Carver, John

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カーバー
Carver, John

[生]1576頃
[没]1621.4.5. プリマス
『メイフラワー』号によってアメリカのプリマスに移住したピルグリム・ファーザーズの指導者。プリマス植民地の最初の総督。イングランド王ジェームズ1世の名によってワンパノアグ・インディアンの族長マサソイトと同盟条約を結んだ。

カーバー
Carver, Jonathan

[生]1710.4.13. マサチューセッツ,ウェーマス
[没]1780.1.31. ロンドン
アメリカの探検家。五大湖からミシシッピ川への各地を探検。"Travels Through the Interior Parts of North America in the Years 1766,1767,1768" (1778) を著わした。

カーバー
Carver, Raymond

[生]1938.5.25. オレゴン,クラッカニ
[没]1988.8.2. ワシントン,ポートエンゼルス
アメリカ合衆国の短編小説家,詩人。シラキュース大学などで英文学を教える。物語の展開を単純化し,簡潔な会話を通じて現代アメリカの生活の断片を提示する,ミニマリズムの中心的な存在。短編集『私の身になって考えて下さい』Put Yourself in My Shoes(1974)に続く『頼むから静かにしてくれ』Will You Please Be Quiet,Please?(1976)で全米図書賞を受賞して認められた。主著『愛について語るときに我々の語ること』What We Talk About When We Talk About Love(1981),『ぼくが電話をかけている場所』Where I'm Calling From(1988),『滝への新しい小径』A New Path to the Waterfall(1989)など。村上春樹の翻訳により日本でも愛読者が多い。ほかに詩集『冬の不眠』Winter Insominia(1970)などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

カーバー

米国の短編小説作家,詩人。短編の名手としてヘミングウェーチェーホフにもたとえられる。作品の多くは庶民の家庭生活,あるいは破綻した生活を描いたものだが,独特の語り口や文体によって現代の米国文学に大きな影響を与えた。
→関連項目村上春樹

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

カーバー【Raymond Carver】

1938~1988) アメリカの短編小説家。簡潔な文体で、ブルー-カラーの人々の生活を覆う無力感や不安を描いた。代表作「大聖堂」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

カーバーの関連キーワードアルトマン(Robert Altman)ギヤース・ウッディーン・トゥグルクジョージ・ワシントン カーバーパーソン・オブ・ザ・イヤーFacebook Homeジェシー アイゼンバーグ生命科学ブレークスルー賞デービッド フィンチャーソーシャル・ネットワークシェリル サンドバーグマーク・ザッカーバーグポスト・モダニズムアーロン ソーキンジョージ アダムスファルカーバードテス ギャラガーデイブ ネルソンフェイスブックギークリーダーザッカーバーグ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android