ガラス紙(読み)ガラスガミ

デジタル大辞泉の解説

ガラス‐がみ【ガラス紙】

紙や綿布にガラスの粉末を付着させたもの。紙やすりとして木製品・金具などを磨くのに用いる。
強くて薄い、半透明な紙。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ガラスがみ【ガラス紙】

紙やすりの一種。強い紙または布に、膠にかわでガラス粉を付着させた紙。
書籍・化粧品・食品などの装飾を兼ねた包装に使われる半透明紙。グラシン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android