コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガラス紙 ガラスガミ

デジタル大辞泉の解説

ガラス‐がみ【ガラス紙】

紙や綿布にガラスの粉末を付着させたもの。紙やすりとして木製品・金具などを磨くのに用いる。
強くて薄い、半透明な紙。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ガラスがみ【ガラス紙】

紙やすりの一種。強い紙または布に、膠にかわでガラス粉を付着させた紙。
書籍・化粧品・食品などの装飾を兼ねた包装に使われる半透明紙。グラシン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ガラス紙の関連キーワードスミス(Kiki Smith)エレクトロルミネセンス写真感光材料ウェーコー電子レンジ紙やすり木製品ガラス金具粉末綿布