ガリシア語(読み)ガリシアご(英語表記)Galician language

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガリシア語
ガリシアご
Galician language

スペイン北西部のガリシアに約 300万人の話し手をもつ言語。スペイン語と同じく俗ラテン語から発展したロマンス語であるが,スペイン語よりはむしろポルトガル語に近い特徴をもち,ポルトガル語の一方言とみなしうる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ガリシアご【ガリシア語】

インドヨーロッパ語族のロマンス諸語の一。スペインのガリシア自治州などで話されている。一九世紀中葉に文学運動が高まり、現在ではスペインの公用語の一つ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ガリシア‐ご【ガリシア語】

〘名〙 (ガリシアはGalicia) スペインのガリシア地方を中心に話されているロマンス諸語の一つ。ポルトガルで使用されている言語の一つ。ポルトガル語とは互いに方言関係にあり、分化し始めたのは一五世紀以降とされる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のガリシア語の言及

【ガリシア】より

…18世紀末の通商の自由が確立されて以来,ラ・コルニャが植民地貿易に加わり,同時にガリシア人のアメリカへの移民が始まった。今日のガリシア語は11世紀にこの地方で成立したロマンス語に由来し,それから派生したのがポルトガル語である。【岡住 正秀】。…

【ポルトガル語】より

…また,15世紀以降のポルトガルの海外発展を背景に,アジアやアフリカの各地で現地語との接触を通じて形成されたポルトガル語系のクレオール語が,一部の地域(スリランカ,澳門(マカオ),カボベルデ,ギニア・ビサウなど)で今日もなお使用されている。なお,中世のガリシア・ポルトガル語(後述)から分化したガリシア語Galicianは,ポルトガルの北に位置するスペインのガリシア地方に約200万人の話し手を有している。
[ポルトガル語の歴史]
 ポルトガル語は,スペイン語やカタルニャ語と同様,古代ローマ人がその政治的支配(半島全域にローマ支配が確立するのは前1世紀末)とともにイベリア半島にもたらしたラテン語に由来する。…

※「ガリシア語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android