コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガンガイコンダチョーラプラム がんがいこんだちょーらぷらむ

デジタル大辞泉の解説

ガンガイコンダ‐チョーラプラム(Gangaikonda Cholapuram)

インド南部、タミルナドゥ州の町。クンバコナムの北約35キロメートルに位置する。11世紀、チョーラ朝のラージェンドラ1世が都を置いた。1987年に世界遺産(文化遺産)に登録されたブリハディーシュワラ寺院をはじめとするヒンズー教寺院や、宮殿や城壁の遺構がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のガンガイコンダチョーラプラムの言及

【チョーラ朝】より

…南インドのタミル地方に古代・中世に栄えた王朝。最古の首都はティルチラパリ近くのウライユールで,のちタンジャーブール(タンジョール),ガンガイコンダチョーラプラムなどにも都を置いた。王国の起源は不明であるが,すでに前3世紀のアショーカ王の磨崖詔勅に南インドの国として〈チョーラ,パーンディヤ,サティヤプタ,ケーララプタ〉と記されている。…

【ラージェーンドラ[1世]】より

…また,北方ではチャールキヤ朝南部の地に侵攻し,さらにカリンガ王国からベンガルに入り,1023年にはその王マヒパラを破ってガンガー(ガンジス)河畔にまで至った。そのため王はみずからガンガイコンダ(〈ガンガーを手に入れた〉者)と称し,またカーベーリ下流域に造営した新都をガンガイコンダチョーラプラム(〈ガンガーを手に入れたチョーラの都〉)と呼んだ。1025‐27年には下ビルマを征し,さらに海軍を送ってアンダマン,ニコバル両諸島を併合した。…

※「ガンガイコンダチョーラプラム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ガンガイコンダチョーラプラムの関連キーワードラージェーンドラ[1世]アイラーバテシュワラ寺院ラージェーンドラ1世

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android