コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キサントゲン酸セルロース キサントゲンさんセルロースsodium cellulose xanthate

世界大百科事典 第2版の解説

キサントゲンさんセルロース【キサントゲン酸セルロース sodium cellulose xanthate】

セルロースキサントゲン酸ナトリウム(C6H9O4・OCS2Na)n(nは約300)の通称。アルカリセルロースに二硫化炭素を作用させると得られる。遊離の酸の状態は不安定で存在せず,多くナトリウム塩となっている。これを希薄水酸化ナトリウムに溶かした粘稠な液体がビスコースであり,ビスコースを硫酸浴へ押し出して紡糸すると再生セルロースすなわちレーヨンになる。セルロース源は木材パルプが使われる。【瓜生 敏之】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android