コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二硫化炭素 にりゅうかたんそ carbon disulfide

7件 の用語解説(二硫化炭素の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二硫化炭素
にりゅうかたんそ
carbon disulfide

化学式 CS2 。無色,流動性の液体で,比重 1.29,融点-111℃,沸点 46.3℃。引火性,有毒。純粋のものは香気があるが,通常,含硫黄有機物の混在により黄色を呈し,不快臭がある。空気中で青色の炎をあげて燃え,二酸化硫黄を生じる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

にりゅうか‐たんそ〔ニリウクワ‐〕【二硫化炭素】

赤熱した炭素硫黄蒸気を反応させて得られる、特異臭のある無色の液体。引火しやすく、有毒。硫黄・燐(りん)・沃素(ようそ)・油脂・ゴムなどを溶かす。溶媒や殺虫剤・ビスコースの製造原料などに使用。化学式CS2

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

二硫化炭素【にりゅうかたんそ】

化学式はCS2。特有臭のある無色の液体。融点−112.0℃,沸点46.262℃。水に微溶,有機溶媒とは任意の割合で混ざる。引火性が強い。溶剤,ビスコース,ゴムの加硫促進剤,農薬の製造原料などに使用。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

二硫化炭素

 CS2.特異な臭気のある気体で,化学工業の原料になる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

にりゅうかたんそ【二硫化炭素 carbon disulfide】

化学式CS2で表される化合物。無色の液体であるが,不純物を含むものはいくぶん黄色を呈し,特異な不快臭をもつ。沸点が46.262℃と低く,揮発性のうえに引火燃焼しやすいので,取扱いの際は火気に注意する必要がある。また,非常に有毒でもある。気密な容器に入れて,暗所,室温以下で保存することが望ましい。蒸気は空気と混合すると爆発性の混合気体(爆鳴気)を形成する。水にはわずかに溶け(22℃で0.22g/100g),エチルアルコールエーテルベンゼンとよく混ざる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

にりゅうかたんそ【二硫化炭素】

特異な悪臭のある無色の液体。化学式 CS2 引火性が強く有毒。強力な溶剤で、多くの有機物質のほか、ゴム・硫黄・黄リン・ヨウ素などもよく溶かす。殺虫剤の原料のほかビスコース-レーヨン製造に用いられる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

二硫化炭素
にりゅうかたんそ
carbon disulfide

炭素と硫黄(いおう)の化合物。水分や揮発分を除いた木炭と硫黄を850~950℃で反応させる。純粋なものは無色、屈折率の高い液体で、一種の香気をもつが、普通、不純物のため黄色に着色し不快臭をもつ。揮発性、きわめて引火しやすく、点火すれば青色の炎をあげて二酸化炭素と二酸化硫黄などになる。放置すると分解しやすく、光があると促進され、不快臭のある黄色液体になる。きわめて引火しやすく青い炎をあげて燃える。水には溶けにくい。0.174mL/100mL(20℃)。アルコール、エーテル、ベンゼンなどとはよく混ざる。二硫化炭素は直線形の分子S-C-Sである。蒸気を塩素ガスと熱すると四塩化炭素(テトラクロロメタン)が得られる。水と150℃以上に熱すると二酸化炭素と硫化水素に分解する。アルコール中で水酸化アルカリと反応してキサントゲン酸塩をつくる。
  CS2+C2H5OK→C2H5OCSSK
 また、硫化アルカリM12Sとはチオ炭酸塩M12CS3をつくる。硫黄、白リン、ヨウ素、樟脳(しょうのう)、樹脂、ゴム、油脂などのよい溶媒である。ビスコースレーヨン、四塩化炭素、ゴム加硫促進剤、農薬、浮遊選鉱剤(キサントゲン酸塩)の製造に用いるほか、溶剤として用いられる。有毒で中毒症状をおこすことがある。蒸気は空気と混合すると爆発しやすい。[守永健一・中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の二硫化炭素の言及

【ガス化学】より

… メタンの塩素化反応生成物には,塩化メチルCH3Cl,塩化メチレンCH2Cl2,クロロホルムCHCl3,四塩化炭素CCl4などがあり,溶剤,エーロゾル噴霧剤,合成中間体などとして用いられる。 メタンと硫黄を高温で反応させると二硫化炭素が得られるが,この反応は次の2段階からなる。(化学式)第1工程で生じた硫化水素は,第2工程のクラウス法で硫黄として回収され,第1工程へリサイクルされる。…

※「二硫化炭素」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

二硫化炭素の関連キーワード酸化鉛ジアセチルトリクロロエチレン塩化錫四塩化珪素臭化エチル弗化水素無水酸キラル化合物ブチルリチウム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

二硫化炭素の関連情報