コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キスロボーツク キスロボーツクKislovodsk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キスロボーツク
Kislovodsk

ロシア南西部,北カフカススタブロポリ地方の都市。スタブロポリの南南東約 140km,大カフカス山脈西部北斜面,標高 800~1000mの高原にあり,クマ川支流ポドクモク川にのぞむ。北カフカスの鉱泉地帯の中心地で,1803年に湯治場として建設された。気候条件に恵まれ,冬は温暖,夏は冷涼で,晴天日が多く,現在 40以上のサナトリウムや保養施設があって,ロシア有数の保養地となっている。地元の炭酸水が瓶詰にされ,「ナルザン」と呼ばれてロシア各地に出荷されている。ロストフナドヌーとアゼルバイジャンの首都バクーを結ぶ幹線鉄道から分岐する支線の終点。郊外には空港もあり,モスクワその他の大都市からの定期便が発着している。人口 12万8502(2010)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

キスロボーツクの関連キーワードアレクサーンドル ソルジェニーツィンミネラリヌイエボードゥイアルチュール アダモフソルジェニーツィンソルジェニツィンエリブルース山アダモフ

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android