コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キトウェンカナ Kitwe Nkana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キトウェンカナ
Kitwe Nkana

ザンビア中北部の都市。ルサカ北方約 280km,標高約 1200mの高原に位置。 1936年イギリスによって建設され,その後 61年銅の精錬所が設けられたキトウェと,世界屈指の銅鉱山がある南のンカナとが統合。銅のほかコバルト,金,銀,セレンを産出。工業も盛んで銅精錬,銅細工,家具,印刷,トウモロコシ製粉,ビール醸造,煉瓦製造などが行われる。鉄道沿線にあり,ンドーラとともにウェスタン州の商業および文化の中心地。国内空港もある。人口 47万 2255 (1988) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

キトウェンカナの関連キーワードルアンシャカフエ川

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android