コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セレン セレン selenium

翻訳|selenium

9件 の用語解説(セレンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セレン
セレン
selenium

元素記号 Se ,原子番号 34,原子量 78.96。周期表 16族,酸素族元素の1つ。 1817年に J.ベルセーリウスによって発見された。地殻存在量 0.05ppm,海水中の存在量 0.090μg/l 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

セレン(〈ドイツ〉Selen)

酸素族元素の一。灰色の金属セレンのほか、赤色の結晶セレン、赤色粉末の無定形セレン、黒色のガラス状セレンなどの同素体がある。地球上には硫黄に伴って広く存在するが、量はごく少ない。性質は硫黄に似る。ガラスの赤色着色剤や光電池整流器などに利用。元素記号Se 原子番号34。原子量78.96。セレニウム

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

セレン

元素記号はSe。原子番号34,原子量78.971。元素の一つ。1817年ベルセリウスらが発見。同素体が多く,金属セレンは灰色で,融点220.2℃,沸点684.9℃。
→関連項目セレン整流器ゼログラフィー光電池

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

セレン

 原子番号34,原子量78.96,元素記号Se,16族(旧VIa族)の元素.微量必須元素の一つで,過酸化物を分解するグルタチオンペルオキシダーゼの構成元素.第六次改定日本人の栄養所要量では15〜29歳の男性で1日60μg,女性で45μgとされている.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食の医学館の解説

せれん【セレン】

抗酸化作用があり、老化やがん、動脈硬化を防ぎます。精子の形成、有害金属の毒性弱化、免疫強化にも関与しています。不足するとフケや抜け毛がふえ、老化の進行や発がんリスクが高まります。ワカサギイワシカレイホタテガイ、ネギ、カキ、玄米などに多く含まれています。成人1日あたりの所要量は男性45~60μg、女性40~45μg、上限は250μgです。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

セレン【Selen】

微量ミネラルのひとつ。元素記号はSe。過酸化脂質を分解する強力な抗酸化作用をもつミネラル。魚介類、肉類、穀類などに多く含まれる。活性酸素など酸化物質を処理する作用をもつほか、有害物質の毒性除去、免疫力向上、ビタミンE吸収の促進、精子の合成、感染症・がんの予防動脈硬化症などの生活習慣病予防などに効果があるとされる。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

セレン【selenium】

周期表元素記号=Se 原子番号=34原子量=78.96±3地殻中の存在度=0.05ppm(68位)安定核種存在比 74Se=0.87%,76Se=9.02%,77Se=7.58%,78Se=23.52%,80Se=49.82%,82Se=9.19%融点=220.2℃(金属),144℃(結晶)沸点=684.8℃比重=4.80(金属),4.4(結晶),4.2~4.3(無定形)電子配置=[Ar]3d104s24p4おもな酸化数=-II,IV,VIセレニウムともいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

セレン【Selen】

16 族(酸素族)元素の一。元素記号 Se  原子番号34。原子量78.96。常温で固体。金属セレン(灰色)、結晶セレン(赤色)、無定形セレン(黒色)などの同素体がある。金属セレンは光電管・光電池材料のほか、ガラスの着色(赤)などにも利用される。セレニウム。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セレン
せれん
selenium

周期表第16族に属し、酸素族元素の一つ。俗称セレニウム。1817年、スウェーデンベルツェリウスが硫酸工場の鉛室泥中の赤色物質から発見し、ギリシア語の月を意味するseleneにちなんで命名した。すでに発見されていたテルルラテン語で地球の意味)との対応によるものといわれ、また、燃えるとき月光に似た青白い炎をあげることによったともいわれる。
 単体で産出することはほとんどなく、金属のセレン化物として硫化物に伴って産出することが多く、これら金属製錬の副産物として得られる。たとえば、銅の電解精錬のときの陽極泥をソーダ灰とともに焼いて亜セレン酸ナトリウムとして分離し、二酸化硫黄(いおう)で還元しセレンを得る。粗セレンは水素中で熱してセレン化水素とし、これを1000℃に強熱して分解すると純セレンが得られる。さらに純度の高いものは帯域融解法で得られる。市販のガラス状セレンを加熱してからゆっくりと冷却すると灰黒色の金属セレンが得られ、二硫化炭素溶液から結晶させると赤色の結晶セレンが得られる。
 酸素中では青色の炎をあげて燃え二酸化セレンとなる。金属セレンに光を当てると著しく導電性を増し、遮るとただちにもとに戻るので、光電装置として用いられる。電子写真用、感光材料、コピー機(複写機)に用いられる。またガラス工業での脱色、着色剤、整流器として広く用いられるほかに、顔料、薬品、触媒、ゴム硬化剤、マグネシウム合金防食用などに用いられる。セレンおよびセレン化合物は有毒である。[守永健一・中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セレンの関連キーワードオスミウム白金スズテルルニッケルハフニウムバリウムルテニウム元素記号

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

セレンの関連情報