コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キトウェ キトウェ Kitwe

3件 の用語解説(キトウェの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

キトウェ(Kitwe)

ザンビア中北部の都市。標高約1200メートルの高原に位置する。銅をはじめとする地下資源に恵まれ、工業都市として発展。同国第二の規模をもつ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

キトウェ【Kitwe】

南部アフリカザンビア中央北部にある鉱工業都市。人口33万8000(1990)。コンゴ民主共和国(旧,ザイール)との国境に近い標高1200mの高原にあるため,気候は爽涼である。1936年に鉱業開発の拠点としてイギリス人により建設され,銅をはじめ,コバルト,金,銀,セレンなどの地下資源が周辺で開発された。また,銅の精錬工場をはじめ,銅細工,家具,印刷,トウモロコシ製粉,ビール醸造,煉瓦製造などの工業も発達している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キトウェ
きとうぇ
Kitwe

アフリカ中南部、ザンビアの産銅地帯にある都市。首都ルサカの北268キロメートルに位置する。人口30万5000(2002推計)。南アフリカ共和国系のアングロ・アメリカン社(1969年以降国有化されヌチャンガ・コンソリディテッド銅山会社となる)のヌカナ銅山とともに発展。現在は鉱山町であるとともに商業の中心地となり、商店、映画館、テレビラジオ局、各種スポーツ施設を備えた近代都市となっている。[林 晃史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キトウェの関連キーワードアラビア海ガンビアザンビアザンベジ川モザンビーク海峡ルサカアフリカ舞舞南アフリカSADCSADCC

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone