コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キノリジンアルカロイド

栄養・生化学辞典の解説

キノリジンアルカロイド

 マメ科のいくつかの属の植物に含まれるアルカロイドで,キノリジン骨格をもつもの.交感神経抑制作用,平滑筋収縮作用などが利用されるものもあり,また毒性の強いものもある.代表的な化合物としては,ルピニン,シチシンなど.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android