キャロル ロール(英語表記)Carole Laure

20世紀西洋人名事典の解説


? -
カナダの女優。
ケベック州ショーニガン生まれ。
インディアンとの混血で、18歳の時、モントリオールに出る。1973年ジル・カルル監督作品「La Mort d’un bucheron」に出演、以後数本の映画に出演。「エマニエル夫人」「0嬢の物語」の出演依頼を受けるが、両作とも出演を拒否。その後、フランスに渡りベルトラン・タヴェルニエ監督の「ハンカチのご用意を」に出演して一躍注目を浴びる。’80年にはカルル監督の「Fantastica」に主演、同年の「勝利脱出」でアメリカ映画界にもデビュー。作品は他に「メナース」(’77年)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android