脱出(読み)だっしゅつ

精選版 日本国語大辞典「脱出」の解説

だっ‐しゅつ【脱出】

〘名〙 抜け出すこと。のがれ出ること。
※正法眼蔵(1231‐53)法性「佗人の説著のごとく挙して、三復参究すべし。さきより脱出あらん」
※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉六「這処等に浪士等脱出(ダッシュツ)せしも水戸の磯村に走るもあり」 〔史記‐陳余伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉プラス「脱出」の解説

脱出

西村京太郎の長編サスペンス小説。1971年刊行。

脱出

1944年製作のアメリカ映画。原題《To Have and Have Not》。アーネスト・ヘミングウェイ『持つと持たぬと』の映画化。監督:ハワード・ホークス、出演:ハンフリー・ボガート、ローレン・バコール、ウォルター・ブレナンほか。

脱出

1972年製作のアメリカ映画。原題《Deliverance》。監督:ジョン・ブアマン、出演:ジョン・ボイト、バート・レイノルズ、ネッド・ビーティ、ロニー・コックス。第45回米国アカデミー賞作品賞ノミネート。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉「脱出」の解説

だっ‐しゅつ【脱出】

[名](スル)危険な場所や好ましくない状態から抜け出すこと。「苦境を脱出する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android