コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キュリエ külliye

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キュリエ
külliye

ワクフ制度 (イスラム社会の宗教的な寄進制度) によって造られる建築複合体。モスクを中心に,マドラサ (学院) ,キャラバンサライ,病院,コーラン学校,給食所,ハンマーム (浴場) などが設けられる。おもにオスマン帝国で発達し,イマーレットとも呼ばれた。エディルネのバヤジット2世らのイマーレット (15世紀) ,イスタンブールのスレイマンのイマーレット (16世紀) などが代表例。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のキュリエの言及

【イスラム美術】より

…オスマン・トルコでは,先行するビザンティン,ルーム・セルジューク朝時代の伝統を踏襲しつつ,独自の建築様式が確立された。スルタンたちは,モスクや墓廟を中心とし,給食所,施療所などを包含する建築群(キュリエkülliye)を造営させた。オスマン帝国の首都イスタンブールにおける最盛期のモスクの多くは,ハギア・ソフィアをモデルにして出発した中央会堂式タイプである。…

※「キュリエ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

キュリエの関連キーワードセリミエ・モスク10月24日ジャスマン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android