キュリー点(読み)きゅりーてん

  • Curie point

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 温度上昇によって、強磁性体や強誘電体がその性質を消失する臨界温度。ピエール=キュリーによって発見された。キュリー温度。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のキュリー点の言及

【キュリー温度】より

…(1)強磁性体が常磁性体へ相転移するときの温度。発見者P.キュリーにちなみこの名があり,キュリー点ということもある。この温度より高い温度では,強磁性体では自発磁化が消失し,常磁性状態となる。…

【誘電体】より

…これを強誘電相転移という。この相転移点(キュリー点ということがある)以上の温度では,誘電率は温度が下がるとキュリー=ワイスの法則に従って増大し,相転移点で発散する。強誘電相転移の高温相では,誘電率はNaClのような常誘電体とはまったく異なり,したがって,常誘電相ではなく,パラ誘電相と呼ばれる。…

※「キュリー点」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android