コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キュロス1世 キュロスいっせいKyros I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キュロス1世
キュロスいっせい
Kyros I

前7世紀末に活躍したアケメネス朝ペルシアの王キュロス2世の祖父。キロス1世とも表記される。ペルシア名クラシュ。ティスペスの子。エラム王国のスーサ北東アンザン (アンシャン) などを支配した。前 652年バビロンの封侯シャマシュ=シュム=ウキンアッシリアにそむくと,翌年これを助けたが,アッシリア王アッシュールバニパルがエラムを征服するとこれに服属を強いられ,貢物とともに長男アルックを人質としてアッシリアの首都ニネベに差出した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

キュロス1世の関連キーワードアケメネス

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android