コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンシャン Anshan

世界大百科事典 第2版の解説

アンシャン【Anshan】

エラムの地名。エラムは現在のイラン南西部に成立した古代国家の名称で,アンシャンの名が初めて現れるのは,アンシャンの征服に言及したアッカド王マニシュトゥスの碑文である。アンシャンの政治的重要性は,前2千年紀の統一エラム王国における支配者の称号〈アンシャンおよびスーサの王〉に示されている。所在地についてはこれまで諸説が対立して不明であったが,1971年以降の発掘調査によってイラン南東部のタル・イ・マルヤン遺跡に比定されるにいたった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アンシャン

鞍山

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンシャン
あんしゃん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アンシャンの関連キーワードシャンパーニュ(フランス)グランアンシャン(鞍山)特別市ロンイエン(竜煙)鉄鉱山ファンチャン(繁昌)県アンシャン・レジームタントー(当塗)県ルイ[16世]ルイ[18世]ベッカリーアペルシア帝国キュロス1世ギュイエンヌフランス革命アケメネス朝ラブルース理性の崇拝徴税請負制トックビルフランス史

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アンシャンの関連情報