コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンシャン Anshan

世界大百科事典 第2版の解説

アンシャン【Anshan】

エラムの地名。エラムは現在のイラン南西部に成立した古代国家の名称で,アンシャンの名が初めて現れるのは,アンシャンの征服に言及したアッカド王マニシュトゥスの碑文である。アンシャンの政治的重要性は,前2千年紀の統一エラム王国における支配者の称号〈アンシャンおよびスーサの王〉に示されている。所在地についてはこれまで諸説が対立して不明であったが,1971年以降の発掘調査によってイラン南東部のタル・イ・マルヤン遺跡に比定されるにいたった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android