貢物(読み)コウモツ

  • くもつ
  • こうぶつ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「く」は「貢」の呉音)
① 支配者に差出されるみつぎ物。領主に納入する年貢。
※玉塵抄(1563)四「国々に天子の米銭のくらありてその国の貢物(クモツ)ををさめ入れてをかるるぞ」
② 稲や籾(もみ)。〔日葡辞書(1603‐04)〕
〘名〙 献上する品物。みつぎもの。こうぶつ。
※続日本紀‐文武二年(698)正月戊寅「供新羅貢物于諸社
※浄瑠璃・雪女五枚羽子板(1708)厄払ひ「民、百姓は貢物(コウモツ)を私し、〈略〉国を恵む糧尽きん」 〔宋元‐唐官詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の貢物の言及

【贈物】より

…近世以降この区別はあいまいになったが,今日でも進物には上位の者への献上品といった感覚が残っている。貢物も献上品である。これに対し地位にかかわりなく相手への援助を旨とする贈物は見舞と称される。…

※「貢物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

貢物の関連情報